Five Little Pumpkins | 5個のカボチャ

Five Little Pumpkins
Five Little Pumpkins

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

幼児さん向けの怖くない楽しいハロウィンを味わいたいときにバッチリの絵本です。

キラキラ星のメロディで歌いながら読むこともできますし、メロディはつけずにリズミカルに読んであげてもとても盛り上がります。

ページを開くと、ハロウィンの夜にカボチャが5個(5人?)並んで座っているところから始まります。
Five little pumpkins sitting on a gate.
The first one said, “Oh, my, it’s getting late!” (1番目の子が「暗くなってきたね~」)
The second one said, “There are witches in the air!” (2番目の子が「魔女が飛んでる~」)
The third one said, “But we don’t care!” (3番目の子は「気にしない~」)

という感じに最後の the fifth one (5番目) まで続きます。

日本語訳をつけましたが、この絵本は gate – late や air – care のように
ところどころ韻を踏んでいてリズミカルに読めるところが楽しめるので、ぜひ「英語絵本」としてお楽しみください。

韻を踏んでいる文章は読んでいても聞いていても心地よく、英語がす~っと身体に入ってくる感じです。
心地よく聞こえてくるというのが幼児英語ではとても大事なことなので、そういうときは単語一つ一つの意味が分からなくてもOKだと私は思います。

絵を見て楽しむ、
リズミカルな英語を聞いて楽しむ、
聞きながら絵も見て両方を楽しむ、
表現あそびをして楽しむ、
読んで楽しむ、という感じに違った楽しみ方ができるので、何歳になっても毎年本棚から引っ張り出せる絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

It’s getting late. (遅い時間になってきた=暗くなってきた)

夕方、日が暮れて「もう帰る時間だよ」と言うときに使えます。
外で遊んでいて帰るときの “ひとこと英語表現” として毎日でもお使いください^^

この getting を使うと他にもいろいろな表現ができて便利です。

I’m getting tired. (疲れてきた)
I’m getting sleepy. (眠くなってきた)
I’m getting hungry. (お腹が空いてきた)

など。
getting をつけるだけで少しずつそういう状態になってきたというニュアンスが入るので、単なる I’m tired. とはまた少し違う感じになります。

絵本の情報

Dan Yaccarino (イラスト)
ボードブック17.5㎝×18㎝
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Five Little Pumpkins (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク