Spot Goes to the Farm | コロちゃんののうじょう

Spot Goes to the Farm
Spot Goes to the Farm

<おすすめ度> 

    
    
    
    
    

どんな絵本?

子犬のSpotくん (日本語名はコロちゃん) がパパと一緒に動物の赤ちゃんを見つけに農場へ行くお話です。

赤ちゃんはここかな?
この扉の向こうには誰(何の動物)がいるかな?

赤ちゃんにはなかなか会えませんが、たくさんの動物たちと触れ合います。

horse – foal
hen – chick
sheep – lamb
duck – duckling
pig – piglet
cat – kitten
など、赤ちゃんになると呼び方が変わることも学べます。

動物が好きな幼児さんは、Spotくんたちと一緒に赤ちゃん探しを楽しんじゃうでしょう。

各ページにめくれる小窓がついていて、そばには中にいる動物の鳴き声が書いてあるので、めくる前に「ここにいるのは何の動物かな?」と想像することができます。

英語での動物名や鳴き方を覚え始めた4歳〜5歳児さんはもちろん、フラップをめくる楽しさで、2歳〜3歳児さんもハマる楽しい絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

Let me find them. (見つけさせて)

絵本の中ではSpotくんがパパに言ったセリフです。

いろいろなことに「自分で」という気持ちになる幼児さんは、自分の力で探し出すのも大好きです。

探すものがひとつのときは them を it に、かくれんぼなどでは him や her に変えましょう。

Let me find it.
Let me find him.
Let me find her.

絵本の情報

Eric Hill (著, イラスト)
ボードブック
15.7㎝×15.8㎝
この絵本にはペーパーバックもあります。
この絵本には日本語の翻訳本「コロちゃんののうじょう」があります。
この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Spot Goes to the Farm (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク