Old Macdonald Had a Farm (paperback) | ゆかいな牧場(ペーパーバック)

Old Macdonald Had a Farm
Old Macdonald Had a Farm

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

日本語では、ゆかいなまきば (いちろうさんのまきばで~という曲) で幼児さんたちにもよく知られている曲「Old Macdonald had a Farm」が絵本になったものです。

大きめのペーパーバックで、大人数で楽しむのにも適しています。

マクドナルドおじさんの牧場にいるいろいろな動物たちが、あっちこっちで鳴いているという歌なので、動物好きな幼児さんは鳴き声を楽しく覚えられ、元気になれる人気のあそび歌です。

絵本は穴が開いているしかけ絵本です。

穴から見える動物が少しずつ増えていき、最後はみんなの鳴き声で大騒ぎ〜〜という楽しい内容です。

歌にはいろいろなバージョンがありますが、この絵本には、dog(いぬ)、sheep(ひつじ)、duck(アヒル)、pig(ブタ)、cow(うし)がお話の中に出てきます。

そして最後のページと裏表紙にはdonkey(ロバ)、turkey(七面鳥)、goat(ヤギ)など他にもたくさんの動物たちが描かれていて、みんながいっせいに鳴いていて賑やか(うるさ過ぎ?)です。

たくさんの動物たちがいっぺんに鳴いていて、マクドナルドおじさんは耳をふさいでいます。

このページでおしまいと思いきや、本を閉じた背表紙には、マクドナルドおじさんがバグパイプを吹いて動物たちが耳をふさいでいるという絵になっています。

動物たちが耳をふさぐなんて絵本の世界でしか味わえない光景で、幼児さんが嬉しくなる見事な終わり方です。

どのページも動物好きな幼児さんがハマる部分がたくさんです。

子育てに使えそうな英語表現

Here 〜 , there 〜 , everywhere 〜.

絵本の中では〜の部分に動物の鳴き声が入って、例えば牛なら moo という鳴き声が入り、ここで mon,moo! あっちでも mon,moo!、いたるところでmon,moo!という感じになります。

この here と there、そして everywhere を使ってお子さんムシャムシャあそびなんていかがでしょう(^^)

お子さんの身体のあちこちをムシャムシャ食べるようにくすぐるあそびは、幼児さんが好きなあそびのひとつで、親子のスキンシップにもなるし、とても盛り上がります。

〜の部分に yum,yum ということばを入れて、近くを食べるときは here 遠くを食べるときは there、そしてあちこちを everywhere yum, yum! とくすぐっちゃいましょ〜。

笑ってしまって英語が耳に入らないと困りますが(笑)、here と there と everywhere の違いを体感できるあそびです。

絵本の情報

Pam Adams (イラスト)
ペーパーバック
28.8 ㎝ × 28.8 ㎝
この絵本にはボードブックやCD付き、Old Macdonald というタイトルの指人形バージョンもあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Old Macdonald Had a Farm(amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク