Please don’t cry | えーん えん!

Please don’t cry
Please don’t cry

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

かわいいしかけ絵本です。
いろいろな動物が大きなお口を開けて泣いています。
ストーリーはなくて、ただ大泣きしています。
泣いている理由は分からないけど、大泣きしている動物たち。その泣き顔は、なんだか笑ってしまうかわいさです。

ネズミから始まってネコ、ウサギ、サル…と少しずつ大きな動物になり、女の子、男の子まで泣き顔は続き、お口と泣き顔はどんどん大きくなっていきます。

表紙を見て分かるように、お口の部分はあいています。

ページをめくって泣き顔が大きくなるにつれ、左のページは色がひとつずつ増えて重なっていきます。
そして、最後のページは・・・
幼児さんはもちろん大人も思わず「わぁ~♪」と声を出して感動するような終わり方です。

あまりにも泣いている顔が続くので、2歳前後の幼児さんはどうして泣いているのか心配したり、感情移入して一緒に泣いてしまいそうになったり…。
でも左のページの色が重なっていくしかけに気づくと、どの子もワクワクの表情に変わります(^^)

絵のかわいさ、しかけ、終わり方、いろいろな部分に幼児さんがハマるポイント盛りだくさん!といった絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

After rain comes sunshine.
(雨のあとには晴天がくる)
絵本の最後のページに書いてある表現です。

“悪いことのあとには良いことがある” といった意味のことわざとして使われています。

幼児期は、失敗の繰り返しですが、何度でもチャレンジする子に育ってほしいですね!
失敗したり、うまくいかなかったり、そんな場面で使いましょう。

After rain comes sunshine.

絵本の情報

Yusuke Yonezu (著)
ボードブック
16.4 cm x 16.8 cm
この絵本には日本語の翻訳本「えーん えん!」があります。
この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Please Don’t Cry (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク