Faster! Faster! | もっと速く!もっと速く!

Faster! Faster!
Faster! Faster!

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

表紙の絵の通り、女の子がパパの背中に乗って「もっと速く!」とキャッキャッとはしゃぐような内容です。
女の子は Faster than a dog! (犬よりも速く!) から始まって、dog (犬) → rabbit (ウサギ) → horse (馬) と、どんどん速い動物を要求します。

パパの背中に乗っているはずなのに、絵本の中のパパの絵が犬やウサギに変わるので、あれ?この子は本当に動物にまたがっているのかな?と思ってしまう感じです。

よく見るとどの動物もパパのネクタイをしているので、ぜんぶこの子の「想像の世界」です(^^)

Faster! Faster! (もっと速く!もっと速く!) と言っているうちに、海の中まで入ってしまいます(@@)

空想の世界を楽しめる幼児さんは、大人が思う以上にこの絵本の楽しさを感じ取るでしょう。

海の中でイルカ(dolphin) につかまって Faster! Faster! (もっと速く!もっと速く!) とはしゃいでいたら、次に乗っているのはカメ(turtle) の背中で、あれ?速い?あれあれ?と思ったら陸に上がってバテバテのパパの背中に乗っています。

最後のこのページで今までの動物たちはみんなパパだったと気づく幼児さんもいれば、途中から気づく子もいるでしょう。

最後のページまで気づかなくても、読み返して見るとどの動物もネクタイをしていることに気づき、”さっきは見落としていたのに今度は発見!” という楽しさを味わえます。

絵本の中に出てくる英語表現は、タイトルの “Faster! Faster! ” と、それ以外は一番最初に「パパ、乗せて」というニュアンスの “Ride!” 、あとは一番最後に疲れ果てちゃったパパに向かって “Daddy? (パパ?)”、それくらいです。

Faster! Faster! だけでじゅうぶん楽しめる絵本ですが、4歳〜5歳児さんくらいなら、動物の名前も英語で言いながら読むとさらに楽しいでしょう(^^)

子育てに使えそうな英語表現

Faster! Faster! (もっと速く!もっと速く!)

絵本のタイトルです。

お馬さんごっこのときに使えます。

Faster! Faster! って英語で言ったら速くなるというルールにしたら、嬉しくってすぐ覚えちゃうかと思います(*^^*)

Faster! Faster!

絵本の情報

Leslie Patricelli (著)
ボードブック
17.9 × 17.9㎝
この絵本にはハードカバーもあります。
この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Faster! Faster! (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク