Halloween Has Boo! | ハロウィンには ブ〜!

Halloween Has Boo! 
Halloween Has Boo!

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

表紙から幼児さんがハマりそうなヘンテコなイラストです。
左右のページで韻を踏んだ文章で、英語で読めばコトバあそびの感覚を楽しめるようにできています。

日本語に訳してしまうと「どういうこと?」と頭の中が?マークだらけになりそうなので(笑)英語で読みましょう!

例えばこんな感じです。

Spiders have spin. (クモにはスピンがあって)
Pumpkins have grin. (カボチャはニヤニヤしています)

Cats have hairy. (ネコは毛だらけ)
Houses have scary. (おうちはハロウィンで怖い)

spin – grin
hairy – scary
という感じに韻を踏んでいます。

文章を読んだあと、韻を踏んでいる部分だけを拾ってもう一度読むと、4歳〜5歳児さんのおもしろいものを発見するスイッチがオンになり、妙なイラストとともにハマるであろう絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

has と have をたくさん使いましょう。

タイトルでは
Halloween Has Boo! と、hasが使われていて、絵本の中では have 使った表現がたくさん出てきます。

I have 〜.
You have 〜.
We have 〜.
They have 〜.

He has 〜.
She has 〜.
It has 〜.

違いを自然に感じ取れるよう、ふだんの生活の中で何度でも使いましょう!

絵本の情報

Harriet Ziefert (著)
Rebecca Doughty (イラスト)
ボードブック
17.78 ㎝ × 17.78㎝
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから
Halloween Has Boo! (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク