Old Macdonald |マクドナルドおじさんの指人形と小さい絵本

Old Macdonald
Old Macdonald

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

日本語では、ゆかいなまきば (いちろうさんのまきばで~という曲) で幼児さんたちにもよく知られている曲「Old Macdonald had a Farm」が、かわいい指人形の絵本になったものです。

この曲は、マクドナルドおじさんの牧場にはいろいろな動物がいて、あっちこっちで鳴いているというもので、いろいろな動物の鳴き声を楽しく覚えられる点で私自身もお気に入りの曲です。

この指人形絵本では、duck (アヒル)、cat (ネコ)、 dog (いぬ)、pig (ブタ)、cow (うし) の5種類が出てきます。

1歳前後の子は指人形をヒョコヒョコ動かすだけで大喜びですし、2歳前後になると、指の動物と同じ動物を絵本の中から探し出したり、動物の鳴き声を真似したりして楽しめます。

日本語では モ~となくウシが英語では moo (ム~) だったり、ブタは oink (オインク) だったりと、英語になるとちょっと違った鳴き方になるので、2歳児さん、3歳児さんはその違いを知るのもまた楽しいかと思います。

子育てに使えそうな英語表現

Which one is a cat? (ネコちゃんはどっち?)

絵本の中に出てくる英語表現ではないのですが、この「どっちかな?」という簡単な英語表現を使って2歳前後の子が大好きな “同じものさがし” をしてみましょう。

ページを開くと左のページに duck (アヒル)、右のページに cat (ネコ) という感じで2種類の動物の絵が描かれているます。
絵と同じ動物の指をヒョコヒョコっと動かして、例えば cat (ネコ) なら
Meow-meow! I’m a cat! (ミィ~ャオ!ネコちゃんだよ) とヒントを出してから、絵本の絵を指さしてどっちかな?と聞いてみます。

Which one is a cat?

大人の目線で見て簡単そうなあそびも、いろいろなことを覚え始める1歳後半から2歳児さん、3歳児さんには一生懸命になれる楽しいあそびです。

いろいろな動物で楽しんでみてください。

絵本の情報

大きさ:大人の手のひらサイズ
Old Macdonald had a Farm という指人形じゃない絵本もあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Old Macdonald (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク