The Three Little Pigs | 三びきのこぶた

The Three Little Pigs
The Three Little Pigs

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

幼児さんたちが大好きな「三匹の子ぶた」のお話です。

イメージにあるストーリーとは少し違い、この絵本ではお金が無くて3匹の子ぶたたちを育てられなくなったママぶたが、子どもたちと離れ離れに暮らすことにした…という始まり方をしています。

最後の終わり方も “オオカミが逃げてめでたしめでたし” ではなくて、最初の子ぶたちゃんと2番目の子ぶたちゃんはオオカミに食べられてしまいます(T_T)

そして、3匹目の子ぶたちゃんとオオカミとの知恵比べのあと、最後は子ぶたちゃんがオオカミさんを煮て食べてしまうという幼児さんには少々キツイ終わり方です。

弱いものはやられる、ずるいものはやっつけられるということをしっかり教えてあげられる絵本としてはお勧めです。

幼児さんには少し長いストーリー構成ですが、知っているお話の少し違った展開に集中するでしょう。

子育てに使えそうな英語表現

“Little pig, little pig, let me come in.”
“Not by the hair of my chinny, chin, chin!”
“Then I’ll huff and I’ll puff and I’ll blow your house in!”

「おうちの中に入れておくれ」
「ダメだよ、絶対!」
「じゃ、吹き飛ばしてやる!」

この掛け合いを使って、親子で3匹の子ぶたごっこをしましょう。

リズミカルに言うとすぐ覚えられると思います。

pigの部分をお子さんの名前に変えたり、他の動物に変えてもOKです。

絵本の情報

Paul Galdone (著)
ペーパーバック
17.9 × 19.3 cm
この絵本にはハードカバーもあります。
この絵本には日本語の翻訳本「三びきのこぶた」があります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
The Three Little Pigs (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク