Where Is Baby’s Belly Button? | おへそどこ?

Where Is Baby's Belly Button?
Where Is Baby’s Belly Button?

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

タイトルの “Belly Button(おへそ)” や、eyes(目)、mouth(口)、feet(足)など身体のあちこちが大きなフラップで隠れているしかけ絵本です。

幼児さんにもめくりやすい大きなフラップで、どのページの子もみんなかわいい表情で、大人の目線で見てもとても癒やされます(#^^#)

描かれている子たちは、目の色や、髪の毛の色、肌の色などに違いがあって、世界に目を向けられる描写になっています。

自分の身体の名称に興味を持ち始めた1〜2歳の幼児さんは、絵本のフラップをめくりながら自分の身体を触って “同じ” を楽しめます。

また、このシリーズに共通の「どこかな?」というときの英語表現に behind (後ろ側) や in (中)、under (下) などの前置詞も使われているので、少し大きい幼児さんにもおすすめの絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

There he is! (ここにいた!)

絵本の中では、赤ちゃんが大きなタオルち隠れているページで使われている表現です。

Where is baby? (赤ちゃんはどこかな?)
フラップをめくると
There he is!
と書かれています。

家族でかくれんぼをするときに、お子さんと一緒にパパやじぃじ、兄弟を探して見つけた瞬間に言いましょう。

Where is Daddy?

There he is!

Where is Grandpa?

There he is!

ママやばぁば、姉妹を探すときは he を she に変えて、お子さんとふたりであそぶときは he is を you are に変えればOKです。

There he is!
There she is!
There you are !

絵本の情報

Karen Katz (著)
ボードブック
16.8 × 18.7㎝
この絵本にはハードカバーもあります。
この絵本には日本語の翻訳本「おへそどこ?」があります。この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Where Is Baby’s Belly Button? (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク