Who Stole the Cookies? | クッキーを盗んだのはだれ?

Who Stole the Cookies?
Who Stole the Cookies?

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

クッキーを盗んだのは、だれ?
ん?
足跡がついている!
疑われるのは絵本の表紙に描かれている動物たち。

疑われた動物は
“This is my foot!” (ボクの/私の足はこんな感じだよ)と疑いを晴らします。

疑いをかける側の動物たちの目つきや、疑われて涙顔になったりしている動物の表情が面白おかしくて、かわいいのが好きな幼児さんは、この描写にハマりそうです(^^)

Who me? (え?わたし?)
Not me! (私じゃありません!)
This is my foot! (これが私の足です!)

という表現の繰り返しで、絵本を読み終わる頃には覚えてしまうでしょう。

最後のベージには自分の足の形を描いてみましょうというお絵かきページがあるので、読んだあとまで楽しめます。

動物たちのかわいさからいうと、2歳、3歳児さんも楽しめますし、内容を理解してフレーズを覚えて声に出して楽しめるのは4〜5歳児さんかと思います。

フレーズを言えるようになったら、絵本を離れて劇遊び風にしても楽しい内容です。

子育てに使えそうな英語表現

Not me! (私じゃありません!)

絵本の中では、クッキーを盗んだ疑いがかけられた動物が
Who me? (私が?)
Not me! (私じゃありません!)
といっているときの表現です。

疑いをかけられたとき以外でも、例えば、「誰か手伝ってくれる人はいないかしら?」と遠回しに言われたとき、手伝う暇がなかったりそんな気分じゃないというときに使えます。

Not me!

「次にお風呂に入るのは誰?」
と聞かれ、まだ入りたくないなぁ…という気持ちのときも

Not me!

相手は手伝ってほしい、お風呂に入っちゃってほしいという気持ちで言っていると思うので、相手が怒らないように^^;状況を見ながら軽くおふざけの気持ちを込めた感じで言いましょう(^^)

Not me!

絵本の情報

中本幹子(著)
ペーパーバック
22.6 ㎝ × 20.2 ㎝
この絵本はナレーション・巻末ソングCD付きです。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Who Stole the Cookies? (amazon)

スポンサーリンク