Say Boo! | 「ぶ~」って言って!

Say Boo!
Say Boo!

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

オバケなのに Boo! (ぶ~) って言えない。これじゃ、ハロウィンの夜に他のオバケみたいに怖がらせることができない・・・と一人隠れて練習を繰り返すちっちゃなオバケくん。

大きく息を吸って~~~ Whooo! (ふ~)
あれ? Whoo! って言うのはふくろうだよ、とふくろうに笑われてしまいます。

場所を変えてもう一回。

お口を閉じて~~~ Moo! (む~!)
あれあれ? Moo! って言うのはウシさんだよ、ウシに言われてしまいます。

I know! (分かってるよ!)
分かってるけど、なかなか Boo! と言えないオバケの Ben くん。

思わず応援したくなっちゃいます(笑)

boo と似ている whoo、moo、coo などの違いを聞いて楽しむ絵本としては、1歳児ちゃんや2~3歳児さんでもOKですが、ストーリーを楽しむなら4歳児さん、5歳児さん、それ以上がおすすめです。
各ページ、少し文章が長めですが、絵を見るとどんな場面か分かるし、幼児さんのもつ想像力で笑って楽しめる絵本です。

シールがたくさんついていてシール貼りが大好きな子には嬉しいオマケです。

子育てに使えそうな英語表現

Say ~.
お子さんに「~って言おうね」と言いたいときに使いましょう。

Say “Thank you”. (「ありがとう」って言おうね)
Say “I’m sorry”. (「ゴメンネ」って言おうね)
Say “Please”. (「ちょうだい」は?)
この Please は、例えばお子さんが Candy! (キャンディ!) と手を出したとき、“「ちょうだい」でしょ?” というときの英語表現として使う例です。

言ったの?と聞きたいときは
Did you をつけて
Did you say ”Thank you”? (「ありがとう」って言った?) でOKです。

あ、忘れた!という顔をしたら
Go and say “Thank you”. (言っておいで)

簡単 and 単純ですが、とても大切なことなので、毎日の生活の中で繰り返し触れるようにしましょう。

絵本の情報

Lynda Graham-Barber (著)
Barbara Lehman (イラスト)
ペーパーバック 20.3㎝×20.4㎝
この絵本はシールつきです。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Say Boo! (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク