Spot Goes to the Park| コロちゃんこうえんへいく

Spot Goes to the Park
Spot Goes to the Park

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

子犬の Spot くん (日本語名はコロちゃん) がママとお友だちの Helen ちゃんと一緒に公園へ行くお話です。

公園では、お友達のTomくんに会って、Tom くん、Helen ちゃん、Spot くんの3人でボール遊びをします。
絵本の中には書かれてはいませんが、ここでしている遊びは Piggy in the middle といって、真ん中にいる子にボールを取られないようにするキャッチボールです。

ポーンと大きく投げたボールはお池へ・・・。

公園に行く途中から、そして公園に着いてからのもいろいろなハプニングが起こりますが、どれも子どもの世界っぽくて、公園に行くことを楽しく思う4歳、5歳児さんは絵本の中にすんなり入ってSpot くんたちと一緒にあそびを楽しんじゃうでしょう。

各ページに小さな小窓がついていて、めくれるしかけになっているので、2歳児、3歳児さんでも楽しく読める絵本です。

子育てに使えそうな英語表現

Wait for us. (待って)

先におうちを出た Spotくんにママが言ったセリフです。
ママと Helen ちゃんの二人を待って、という意味で us が使われています。

お子さんが二人で散歩に出るとき、お子さんが一人で先に行きそうになったら me で言いましょう。

Wait for me! (ママのこと、待ってて!)

もちろん、お散歩だけではなく、買い物をしていて一人でお店から外に出そうになったときなども使えます。

Wait for me!

ママのお化粧が終わっていないのに、パパとお子さんが玄関に向かったときも

Wait for me!

絵本の情報

Eric Hill (著, イラスト)
ボードブック15.6㎝×15.9㎝
この絵本にはペーパーバックもあります。
この絵本には日本語の翻訳本「コロちゃんこうえんへいく」があります。
この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
Spot Goes to the Park (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク