I Spy A Funny Frog| ちっちゃなミッケ!

I Spy A Funny Frog
I Spy A Funny Frog

<おすすめ度>

    
    
    
    
    

どんな絵本?

左のページに「〜を見つけられるかな?」と見つけるものの文章が書いてあり、右のページから見つけ出すという感じです。

各ページ、ふたつずつ探すように書かれていて、ふたつ目の単語が次のページのふたつ目の単語と韻を踏んでいます。

日本語版では「ちっちゃなミッケ!」というタイトルで出ていますが、韻を踏んでいる部分のリズムを楽しんだり、簡単な英語を覚えるのには、英語版(オリジナル)がおすすめです(^^)

どのページもわりとすぐに見つかるところにあり、3歳前後のお子さんでもパッと見つけられるので、発見することの楽しさを味わえます。

何かを探すことや発見することが好きな幼児さんはハマる絵本です。 

子育てに使えそうな英語表現

“I spy 〜.”
タイトルの I spy を使って、探しっこごっこを楽しみましょう。

外国では
“I spy with my little eye something beginning with A.”
(Aで始まるものを探してごらん。)
という感じに言って遊びます。

後半の something のあとはsomething blue (何か青いもの) などと変えて、目につくもの

前半の “I spy with my little eye” は spy と eye が韻を踏んでいるので、毎回言うのがお決まりのようです。

両手で望遠鏡や単眼鏡のような輪っかを作って覗きながら言いましょう(^^)

I spy 〜.

絵本の情報

Jean Marzollo (著)
Walter Wick (写真)
ペーパーバック
20.3 x 21.5 cm
この絵本には日本語の翻訳本「ちっちゃなミッケ!」があります。
この絵本には他にもシリーズがあります。
ほか、この絵本の詳細やレビューなどはコチラから。
I Spy A Funny Frog (amazon)

メルカリなどで無断転載されている方がおりますが、本サイトは無断コピー、無断転載は禁止させていただいています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク